低価格で高品質な互換インク評価サイト

エプソン・キヤノン・ブラザー他、人気プリンタの互換インク価格調査

よくあるトラブルと対処法は?

互換インクは純正インクよりも安くてお得ですが、使用しているうちにトラブルが起こることもあります。よくあるトラブルとそのトラブルを防ぐために出来る事をまとめましたので、参考にしてみてください。

互換インクでよくあるトラブルとその対処法

まず、「色が出なくなる」というトラブルを防ぐために互換インクは、ノーブランドではなくちゃんとしたメーカーのものを買いましょう。日本製のものが安心です。

また、インクタンクの取替え時には、黄色のテープを取ったあとに、空気穴が正常に空いていることを確認しましょう。これがないと目詰りの原因になり途中で色が出なくなります。

インクの減りが異常に早い互換インクは、直ぐに使用を止めましょう。粗悪品である可能性が高いですし、安く手に入れてもすぐに無くなったのでは意味がありません。

また、互換インクは純正インクよりも発色が悪いことが多いです。すこしの色の変化はプリンタの設定で輝度・コントラストの調整で直すことが出来ます。

プリンターのプロパティから調節できますので、発色が気になる方はやってみると良いでしょう。詳しいやり方はお持ちのプリンターごとに異なりますので、説明書を確認してみてください。

さらに、プリンタヘッドが目詰まりした場合は、洗浄液をプリンタヘッドのインク受け口に垂らします。洗浄液は家電量販店で購入できます。間違っても家にある中性洗剤などをむやみに使わないようにしましょう。

また、プリンターによってはプリンタヘッドが外れないものもあります。この辺りも取り扱い説明書をよく読み、無理に外したりしないようにしましょう。

以上の点に気をつければ、安い互換インクでも十分に印刷できますよ。ただ、互換インクを使用している場合はメーカーの保証は受けられないので気を付けて下さい。

主なトラブル対処法

ここでは、互換インク&プリンターに関する様々なトラブルについて紹介しています。

インクに関するトラブル

届いた互換インクがパッケージの中で漏れている

運送中の振動などが原因でインク漏れが発生することも。その場合は、早めに業者に代替え品を用意してもらいましょう。

届いた互換インクの量が少ない

インクは製造時に定量充填機を用いて正確につくられています。複数の同じインクを購入した場合、量が異なると感じることもありますが、これはカートリッジ内部の中綿の大きさや密度が異なるためです。どのカードリッジもインク量は同じになっています。

インクカードリッジの保護キャップや空気孔シールを外すとインクが飛び出てくる

インクがカードリッジが出る原因は、以下のようなことが考えられます。

  • インクカートリッジ側面を強く押した
  • 振動の大きい運送便などで届いた直後に保護キャップや空気孔シールを外した
  • 外気温と室内温度の大幅な温度差で内部の圧力が高くなっている
    室内で数時間、振動を与えずに放置。クールダウンさせてから作業しましょう。空気孔シールを剥がす際は、保護キャップを上にした状態で空気孔を手で押さえないように持ち、保護キャップを取り外します。心配な場合は空気孔シールだけを先に剥がし、数10分後に保護キャップを外すのがオススメです。
  • インクの吐出口に付いているフィルムを誤って剥がしてしまった

プリンター装着時のトラブル

インクがプリンターに装着できない

エプソン製のインクカートリッジは、カートリッジをプリンターに固定する爪が輸送中に折れないよう、三角形のパッキンが挟んであります。プリンターに装着する際は爪が閉じなくなるので必ずパッキンを外すようにしましょう。ちなみに、キャノンやブラザー製のインクカートリッジはパッキンが付いていないこともあるようです。

そのほか、プリンターや純正インク、互換インク、リサイクル品のインクなどによってインクカートリッジ上部にある、シールの文字の方向が逆になっていることも。プリンター装着時は内部の形状とカートリッジの形状が合うようにセットしましょう。

プリンターがインクカートリッジを認識しない

その場合は、以下のような原因が考えられます。

  • カートリッジが浮いていて正規の位置にちゃんと挿入されていない
  • ICチップが汚れている
  • 複数のインクを同時に交換していて認識されない
  • キャノン系の場合は、互換インクを使用している時は、もともとプリンターのインクランプは付かない
    (付かなくてもプリンターは問題なく使用できます。)
  • インクカートリッジに付いているICチップに静電気が発生している
  • 約4年以上前に購入した古いプリンターをメーカー修理に出したため、互換インクのみに対応しなくなっている
  • ICチップの初期不良
  • そもそもプリンターが互換インクに対応していない

インク交換をしてすぐにインク切れの表示が出る

リサイクルインクはインク残量表示に対応していないため、インクの量が少ない、あるいはインク切れなどの表示が出ます。使用済みのカートリッジにインクを再充填するリサイクルインクは、元のインクの最終利用履歴の記録が残ってしまっているのです。
この場合は、表示を無視して使用すれば大丈夫です。インク切れの表示が出たら、説明書に従ってプリンターをリセットしてみましょう。ちなみに、リセットの回数は、インクカートリッジとの相性によって異なってきます。

インクが出ない

  • カートリッジ天面に付いた空気孔シールを剥がしていない
  • 空気孔シールのノリがインクカートリッジ側に残っている
  • 長時間カートリッジを傾けていて中でインクが偏っている
  • インク交換のサインが出たプリンターを半年以上放置、プリンター内部でインクが固まっている

プリンター使用中のトラブル

プリントした写真にしま模様や変色が見られる

ヘッドクリーニングとノズルチェックの実施で解消することがあります。それでも改善しない場合は、プリンターの電源を入れた状態で一晩から数日間放置すると良くなります。