低価格で高品質な互換インク評価サイト

エプソン・キヤノン・ブラザー他、人気プリンタの互換インク価格調査

よくあるトラブルと対処法は?

互換性インク

互換インクは純正インクよりも安くてお得ですが、使用しているうちにトラブルが起こることもあります。

よくあるトラブルとそのトラブルを防ぐために出来る事をまとめましたので、参考にしてみてください。

互換インクでよくあるトラブルとその対処法

まず、「色が出なくなる」というトラブルを防ぐために互換インクは、ノーブランドではなくちゃんとしたメーカーのものを買いましょう。日本製のものが安心です。

また、インクタンクの取替え時には、黄色のテープを取ったあとに、空気穴が正常に空いていることを確認しましょう。これがないと目詰りの原因になり途中で色が出なくなります。

インクの減りが異常に早い互換インクは、直ぐに使用を止めましょう。粗悪品である可能性が高いですし、安く手に入れてもすぐに無くなったのでは意味がありません。

また、互換インクは純正インクよりも発色が悪いことが多いです。すこしの色の変化はプリンタの設定で輝度・コントラストの調整で直すことが出来ます。

プリンターのプロパティから調節できますので、発色が気になる方はやってみると良いでしょう。詳しいやり方はお持ちのプリンターごとに異なりますので、説明書を確認してみてください。

さらに、プリンタヘッドが目詰まりした場合は、洗浄液をプリンタヘッドのインク受け口に垂らします。洗浄液は家電量販店で購入できます。間違っても家にある中性洗剤などをむやみに使わないようにしましょう。

また、プリンターによってはプリンタヘッドが外れないものもあります。この辺りも取り扱い説明書をよく読み、無理に外したりしないようにしましょう。

以上の点に気をつければ、安い互換インクでも十分に印刷できますよ。ただ、互換インクを使用している場合はメーカーの保証は受けられないので気を付けて下さい。

互換インクによくあるプリンターごとのエラーと対処法

純正インクに比べるとリーズナブルでお財布にやさしい互換インク。最近は互換インクの性能も上がり、純正インクに勝るとも劣らない発色や鮮明な印刷が可能となりました。

ただ、相性という点で言えば純正インクに一歩及ばず、互換インクに交換したとたんにプリンターがエラーを起こしてしまうことがあります。

せっかく経済的な互換インクに交換しても、プリンターがエラーで使用不可になってしまっては意味がありませんよね。特にプリンター初心者の人はエラーが出たというだけであわててしまい、右往左往してしまうことも……。

でも実際のところ、エラーのうちの大半は自分で対処できるということをご存じでしょうか?特に機械に強くなくても、適切な対処の仕方さえわかっていればたいていの場合は自宅で簡単にエラーを解消することができます。

ただし、エラーメッセージはメーカーごとに異なるのはもちろん、同じ機種でも内容によってさまざまなエラーが表示されます。

現在発生しているエラーがどんな理由で起こっているのか的確に判断できないと対処のしようがありませんし、適当にいじるとかえって故障する原因になってしまうおそれもありますので、まずはメーカーごとのエラーメッセージの内容をしっかり把握した上で、どういう対処をとるべきなのか正しく判断できるようにしましょう。

こちらのサイトではプリンタのメーカーごとにエラーメッセージ別の対処方法をまとめてみました。いつエラーが起こっても冷静に対処できるよう、基本的なことはあらかじめおさえておきましょう。

>>プリンターごとのエラーと対処法

主なトラブル対処法

互換性インク

ここでは、互換インク&プリンターに関する様々なトラブルについて紹介しています。

互換インクに関するトラブルは大きく分けて以下の種類があります。

インク自体に問題があるケース

使用方法を誤ったり、輸送中に問題があって発生します。

プリンターに装着する際に発生するトラブル

インクを認識してもらえないなど、プリンター本体の設計上、互換インクを利用する際に発生してしまう問題ですが、無視して使用することが可能なものもあります。

使用してからの発生するトラブル

プリンター使用中のトラブルはプリンターのメンテナンス不足により発生するものも多く、純正インクでも発生する可能性があります。

互換インクの購入を検討している際、多くの方は純正インクではなく互換インクを使うことでのトラブルが発生するのではないかということを懸念して方もいると思いますが、挿入方法を気をつけたりメンテナンスなど自分で解決できるトラブルも多くあります。

急いでいる時にうまく印刷できないと焦ってしまいますが、事前にどのようなことが原因で発生可能性があるのかを知っておけばすぐに対処することが可能です。

プリンターインク・印刷に関するトラブルを知っておき、購入後のトラブル発生率を減らしたり、発生しても焦らないようにしましょう。

インクに関するトラブル

届いた互換インクがパッケージの中で漏れている

運送中の振動などが原因でインク漏れが発生することも。その場合は、早めに業者に代替え品を用意してもらいましょう。

届いた互換インクの量が少ない

インクは製造時に定量充填機を用いて正確につくられています。複数の同じインクを購入した場合、量が異なると感じることもありますが、これはカートリッジ内部の中綿の大きさや密度が異なるためです。どのカードリッジもインク量は同じになっています。

インクカードリッジの保護キャップや空気孔シールを外すとインクが飛び出てくる

インクがカードリッジが出る原因は、以下のようなことが考えられます。

  • ・インクカートリッジ側面を強く押した
  • ・振動の大きい運送便などで届いた直後に保護キャップや空気孔シールを外した
  • ・外気温と室内温度の大幅な温度差で内部の圧力が高くなっている

室内で数時間、振動を与えずに放置。クールダウンさせてから作業しましょう。空気孔シールを剥がす際は、保護キャップを上にした状態で空気孔を手で押さえないように持ち、保護キャップを取り外します。心配な場合は空気孔シールだけを先に剥がし、数10分後に保護キャップを外すのがオススメです。

  • ・インクの吐出口に付いているフィルムを誤って剥がしてしまった

プリンター装着時のトラブル

インクがプリンターに装着できない

エプソン製のインクカートリッジは、カートリッジをプリンターに固定する爪が輸送中に折れないよう、三角形のパッキンが挟んであります。プリンターに装着する際は爪が閉じなくなるので必ずパッキンを外すようにしましょう。ちなみに、キャノンやブラザー製のインクカートリッジはパッキンが付いていないこともあるようです。

そのほか、プリンターや純正インク、互換インク、リサイクル品のインクなどによってインクカートリッジ上部にある、シールの文字の方向が逆になっていることも。プリンター装着時は内部の形状とカートリッジの形状が合うようにセットしましょう。

プリンターがインクカートリッジを認識しない

その場合は、以下のような原因が考えられます。

  • ・カートリッジが浮いていて正規の位置にちゃんと挿入されていない
  • ・ICチップが汚れている
  • ・複数のインクを同時に交換していて認識されない
  • ・キャノン系の場合は、互換インクを使用している時は、もともとプリンターのインクランプは付かない(付かなくてもプリンターは問題なく使用できます。)
  • ・インクカートリッジに付いているICチップに静電気が発生している
  • ・約4年以上前に購入した古いプリンターをメーカー修理に出したため、互換インクのみに対応しなくなっている
  • ・ICチップの初期不良
  • ・そもそもプリンターが互換インクに対応していない

インク交換をしてすぐにインク切れの表示が出る

リサイクルインクはインク残量表示に対応していないため、インクの量が少ない、あるいはインク切れなどの表示が出ます。使用済みのカートリッジにインクを再充填するリサイクルインクは、元のインクの最終利用履歴の記録が残ってしまっているのです。

この場合は、表示を無視して使用すれば大丈夫です。インク切れの表示が出たら、説明書に従ってプリンターをリセットしてみましょう。ちなみに、リセットの回数は、インクカートリッジとの相性によって異なってきます。

インクが出ない

  • ・カートリッジ天面に付いた空気孔シールを剥がしていない
  • ・空気孔シールのノリがインクカートリッジ側に残っている
  • ・長時間カートリッジを傾けていて中でインクが偏っている
  • ・インク交換のサインが出たプリンターを半年以上放置、プリンター内部でインクが固まっている

プリンター使用中のトラブル

プリントした写真にしま模様や変色が見られる

ヘッドクリーニングとノズルチェックの実施で解消することがあります。それでも改善しない場合は、プリンターの電源を入れた状態で一晩から数日間放置すると良くなります。

互換インクの目詰まりで特定の色が印刷されない

インクトラブルでありがちなのが、互換インクの目詰まりです。

目詰まりは、インクのノズル部分に乾燥したインクのかたまりや汚れ、ホコリがつまることでインクが正常に出ない状態です。

こんな症状は目詰まりが発生している可能性あり

  • ・文字面の黒など特定の色が印刷されない
  • ・色味がおかしい、
  • ・線が入る 
  • ・ノズルチェックパターンを印刷して異常が出た

文字面の黒は単色の黒インクが目詰まりすると、印字されなくなったりかすれたりします。また、文字印刷時はアプリやプリンターによっては、不足・目詰まりしている色の代用として別のインクが消費されることがあります。

そのため、黒の部分が赤っぽい色や、青っぽい色など別の色味を帯びてしまう症状が起きます。これにより、引っかかった部分でかすれたり線が入ったりするトラブルが起きるケースもあります。

まずノズルチェックパターンのテスト印刷で色の異常がないか確認してみると問題の切り分けができるでしょう。

ノズルチェックパターンの印刷結果が正常であれば、印刷の設定やアプリ側の設定が正しいかを確認してみましょう。

目詰まりが起こるのは互換インクカートリッジだから?

インクの目詰まりは、純正品のインクカートリッジでも発生します。つまり、互換品と純正品で目詰まりが起こるリスクに大差はないのです。

しかし、異なるメーカー同志の互換インクカートリッジを混ぜて使うと、カートリッジの形やインクの成分が異なることから目詰まりが起こりやすくなります。

詰め替え用互換インクなどを使う時は、対象メーカーのカートリッジを利用しましょう。

別メーカーのインクをカートリッジ内で混ぜないように、交換時にはカートリッジ交換やインクヘッドの掃除などを行うとトラブルを軽減できます。

自分でできる!目詰まり解消法

  • ・互換インクカートリッジをセットし直す
  • ・電源をオフにして放電する
  • ・ヘッドクリーニングをする
  • ・プリンターのノズルお掃除機能を使う

互換インクカートリッジを一度取り出してセットし直しすることで、接触面の不具合の確認・解消をします。

カートリッジの液が飛び散らないように、キャップやラップなどで互換インクの口をおさえて、下に向けながら軽く振ってみると良いでしょう。

もしセットし直しても上手くいかない場合は、カートリッジを外して電源や配線を抜き、1,2分程度時間を置きます。

それでも改善しないときは、プリンターの機能からヘッドクリーニングや掃除機能を利用して、固まったインクや出の悪くなった部分を掃除してください。

クリーニングはインクを大量に消費するので、できるだけ2~3回程度に済ませましょう。

クリーニングしたのに治らない!そんなときの対処法

専用の洗浄液を使用してインクを溶かしたり、ヘッド部分を洗浄したりすると解消される可能性があります。

洗浄液やお湯で洗浄する場合は、基盤部分に付着しないように注意しながら汚れやインクが固まった部分だけ洗うようにしましょう。

また、垂れない程度にお湯を含ませたティッシュや綿棒で、塊や汚れをこすり落としたり、インクを溶かしたりすることで直ることもあります。

カートリッジやヘッド部分などの洗浄後は、完全に乾かして水気を無くしてからセットしてください。水分が残っているとプリンター内のサビやカビ、故障の原因につながります。

洗浄液利用後も改善しない場合は、再度ヘッドクリーニング機能を使ってみると良いです。

最終手段として、配線・電源・カートリッジ類を外し1時間以上長く放置した後、セット・再起動してみるという手もあります。それでも改善できない場合は、買い替えや修理を検討しましょう。

プリンターのメンテンナンス

プリンターのメンテナンス

トラブルを起こさないためには、日頃からプリンターのメンテナンスを行うことも大切です。

あまりプリンターの使用頻度が高くない方もいると思いますが、インクが固まってしまい正常にプリントされなくなってしまうことがあるので、時間がかからない手軽なメンテンナンス方法だけでも行っていきましょう。

プリンター電源のオンオフ

オンオフがメンテナンスにつながるのが意外と思う方もいるかもしれませんが、プリンターは電源が入ったときにヘッドクリーニングといってインクを出す部分を掃除してくれます。そのため使わなくても電源のオンオフだけで、インクの乾燥防止につながります。

注意点として、インクが入ってる部分をちゃんとしまうように移動しているプリンターが多く、移動途中で電源を切ってしまうと中途半端な位置で止まってしまい、インクが乾燥しやすくなることがあります。しっかりと移動しきったのを確認してから電源を切りましょう。

この電源のオンオフは全くプリンターを使わない場合、一ヶ月に一回程度は行うようにしましょう。使用していない期間が長い場合はクリーニングに長い時間がかかることもあります。

いつもより時間がかかると焦って途中で電源を切ったりする場合もありますが、クリーニングの途中で電源を切ると故障につながるので、少し長いと感じても完了するまで待ちましょう。

ノズルチェックとヘッドクリーニング

印刷がおかしいと感じた時に行うチェックとクリーニング機能がプリンターについています。一般的にはセットアップや設定などから入り、ユーティリティやメンテナンスもしくはお手入れなどという表記になっている部分からノズルチェックとヘッドクリーニングが行えます。

ノズルチェックを行うと各色の印刷チェックがプリントされるので、プリントされたものを見て少しおかしい部分があればヘッドクリーニングを行います。

通常ヘッドクリーニングはインクを使用して行われるため、メーカーでは通常3回ほどを限度としています。月に一回電源を入れる際、時間があればノズルチェックで問題がないか確認しましょう。

プリンターヘッドを外して洗浄する

ヘッドクリーニングを数回やっても治らない場合、インクを装填する部分が外れるタイプであればプリンターヘッドを洗浄しましょう。原因はノズルという、セットしたインクカートリッジからインクを通す部分が埃や固まったインクなどの汚れが詰まっている可能性が高いです。

インクカートリッジを外してぬるま湯につけるのが良いですが、水やぬるま湯だけではインクが完全にとれないこともあり、市販されているプリンターヘッド洗浄液に浸け置きするのがオススメです。

方法としては、深さ1cm程の小皿にインクカートリッジをノズル部分を下になるように置き、ノズル部分が洗浄液で隠れるまで浸します。プリンターのタイプによっては、互換洗浄剤付属の注射器を利用して直接ノズルにつけてインクを洗浄するタイプもあります。

この時に、基盤部分が濡れてしまうと故障につながることがあるので濡れないように注意しましょう。数時間置いて洗浄した後に、日の当たらない場所で完全に水気がなくなるまで乾燥させます。

充分に乾かしてから使用しないと、インクが滲んでしまって印刷できなくなってしまったり、最悪の場合にはプリンターが壊れてしまうことがあるので、「これから印刷する」という急いでいる時ではなく、時間に余裕がある時や、プリンターはしばらく使わないという時に行うようにしましょう。

洗浄カートリッジを使用してクリーニング

メーカーによっては、洗浄カートリッジをインクの様にセットしてクリーニングを行えるものもあります。方法としては、インクタンクを外してそのまま洗浄カートリッジにつけかえてヘッドクリーニングを行うだけで大丈夫です。

洗浄カートリッジの使用であればインク装填部分を外してお湯や洗浄的につける必要がないので、乾燥するまで待つ時間がなくなります。

互換インク同様、EPSON、Canon、brotherなどで互換タイプの洗浄カートリッジが販売されています。カートリッジ内の洗浄液がなくなるまで使用できるので、メンテナンスのコストも削減されます。

エンコーダーストリップの清掃

インクを動かすための横長のフィルム状の部品をエンコーダーストリップといい、この部品に埃やゴミが付着していると、インクが動く時にエラーが発生することがあるので掃除が必要となります。

電源を切ってインクカートリッジが隠れた状態にし、毛羽立たない布などに水を含ませて掃除します。

エンコーダーストリップはアルコールや洗浄液は使用せず、水で拭いたあとに乾拭きします。注意として拭く時にエンコーダーストリップを傷つけないことと、自分も指を切らないように気をつけることです。

給紙ローラーの清掃

給紙ローラーの清掃

直接インクが関わる部分ではありませんが、給紙ローラーが汚れている場合にはかすれて印刷される場合があります。

自分で掃除する場合には電源を切り、用紙をセットする場所にあるローラーを掃除します。水で濡らした布や綿棒で掃除し、その後乾拭きします。

プリンターによっては紙タイプのクリーニング用品が販売されていたり、ノズルチェックやヘッドクリーニングと同様に設定やユーティリティなどに印紙ローラークリーニングという項目があるプリンターもあります。

しかし、ローラークリーニングの項目を使う場合は、ローラーを消耗するので頻繁には行わず、ローラーが汚れいて印刷に影響している時のみにしましょう。

本体内部の清掃

インクが入ってるカートリッジが動く箇所にある突起部分も、汚れてしまうと印刷の汚れにつながります。この部分は電源を入れた状態で掃除を行おうとすると、カートリッジが動いて怪我や故障の原因となるので、必ず電源を切ってから行います。細かい部分のため、綿棒などを濡らさずに軽く埃を拭き取ります。

インクカートリッジを動かすためのフィルムや金属の棒に触れないように注意しましょう。またギリスがつくこともあるので、汚れても良い状態で清掃しましょう。

この内部部分もプリンターによっては、インク拭き取りクリーニングという名前で設定やユーティリティに項目がある場合もあります。