低価格で高品質な互換インク評価サイト

エプソン・キヤノン・ブラザー他、人気プリンタの互換インク価格調査

BCI-351+350シリーズ(キャノン)

キャノンBCI-351+350に対応しているプリンター

キャノンのインクBCI-351+350シリーズは単体販売のほか、5MP(5色セット)と6MP(6色セット)があります。5MPと6MPの違いはグレーインク(GY)の有無です。

グレーインクは一般的に使用頻度が少ないインク。グラデーションの印刷や淡いカラーの印刷をする機会がないなら、グレーインクなしの5MP(5色セット)で十分綺麗に印刷でき、コストを抑えられます。

グレーインクを含む6MP(6色セット)は深みのあるがグラデーションが綺麗に印刷できるため、印刷物のバリーションが増えるでしょう。印刷物の色彩にこだわりたい方にはグレーインク入りの6MPがおすすめです。

BCI-351+350/5MP対応プリンター

BCI-351+350シリーズの5MP(5色セット)に対応しているPIXUSシリーズのプリンターをご紹介します。

  • MG5430
  • MG5530
  • MG5630
  • MX923
  • iP7230
  • iX6830

上記のうちMG5430、MG5530、MG5630は既に販売が終了していますが、小さなオフィスや家庭で使いやすいサイズ・機能が人気です。小規模なプリンターを探している方はリースや中古品を探してみると良いでしょう。

現行のMX923はFAXやAFDが搭載されているため、ビジネスシーンで重宝します。

iP7230はWi-Fi対応モデル。高画質かつ高速でプリントしてくれます。

iX6830は画質やコスト、使いやすさにこだわってつくられたA3対応のプリンターです。

BCI-351+350/6MP対応プリンター

BCI-351+350シリーズの6MP(6色セット)に対応しているPIXUSシリーズのプリンターをご紹介します。

  • MG6330
  • MG6530
  • MG6730
  • MG7130
  • MG7530
  • MG7530F
  • iP8730

MGシリーズ(6330~7530)は既に販売終了していますが、コピー機能やスキャナ機能が搭載されており小規模オフィスや家庭で重宝するプリンターです。気になる方はリースや中古品を探してみると良いでしょう。

6MP対応で唯一の現行機種であるiP8730は文書印刷と写真印刷の両方が得意なプリンターです。A3プリントやピクトブリッジに対応しています。キャノン製のデジカメを使っている人にとって使いやすいプリンターだと言えるでしょう。

キャノンBCI-351+350の純正インクは高い?

キャノンオンラインショップに掲載されていた純正インクの参考価格(2019年11月時点)とBCI-351+350シリーズの互換インクの価格を比較してみました。

  純正インク 互換インク
BCI-351+350(6色セット・大容量) 7,766円(税込) 869円(税込)
BCI-351+350(5色セット・大容量) 6,655円(税込) 1,120円(税込)

互換インクの金額はこまもの本舗のオンラインショップに掲載されていた金額(2019年11月時点)を参考にしています。

表を見るとわかるように、純正インクと互換インクの金額差は約6倍です。

安さを求めるならキャノンBCI-351+350の互換インク

キャノンBCI-351+350シリーズのインクカートリッジをできるだけ安く購入したいと考えている方には互換インクがおすすめです。「互換インクを使ったら印刷の質が落ちそう…」というイメージをもつ方もいらっしゃいますが、実際に印刷してみると純正インクも互換インクもほとんど差がありません。そのため、互換インクの需要は年々高まっています。安さを求めている方は、6分の1程度の価格で購入できる互換インクを視野に入れてみてはいかがでしょうか。

キャノンBCI-351+350の互換インク取り扱い店

※料金情報は2019年11月時点のものです。

こまもの本舗

こまもの本舗は互換インクやテプラなどの互換テープ、PC周辺機器などを取り扱っているオンラインショップです。キャノンやエプソン、ブラザー用の互換インクを取り扱っており、まとめ買いキャンペーンを定期的に開催しているのが特徴。BCI-350・BCI-351シリーズは5MP(5色セット)や6MP(6色セット)を販売しているほか、好きなカラーのインクカートリッジを自由に選べる「フリーチョイスプラン」を用意しています。減りの早いインクを選べるので長期的に見てインク代を抑えられそうです。

また、10セットをまとめてお得に購入できる商品プランも用意。5MPは1セットあたり895円(計8,952円)、6MPは1セットあたり977円(計9,777円)と格安になるので要チェックです!

インク革命

インク革命はプリンターインク・プリンタートナーの専門店です。インク革命の互換インクは純正インクとの類似率が90%以上。ICチップや残量検知機能がついているのが特徴です。5MP(5色大容量セット)は税込2,980円、6MP(6色大容量セット)は税込3,580円で販売しています。

互換インクの中では少し高めの販売価格ですが、純正インクとの類似率90%以上という点を踏まえるとお得に感じられるでしょう。

サンワダイレクト

サンワダイレクトは、各種コンピューターサプライやパソコンなどの企画・製造・販売を行っている「サンワサプライ株式会社」の直営ショップです。互換インクのほか、パソコンデスクやチェア、パーテーションなど、さまざまな製品を取り扱っています。キャノンやエプソン、ブラザーやHPなどあらゆるプリンタに対応できる互換インクを取り揃えているため、目当ての互換インクを見つけられるでしょう。5MP(5色大容量セット)の販売価格は税込1,280円、6MP(6色大容量セット)は税込1,580円と安値ですが、2019年11月時点では在庫切れとなっていたため再入荷を待ったほうが良いでしょう。

15時までに注文すると最短で当日出荷してくれる点も魅力です。法人会員の場合、請求書払いにも対応してくれます。

チップス

チップスは互換インクを低価格で提供することに注力している会社です。2019年11月に公式サイトを確認したところ、5MP(5色大容量セット)の販売価格は税込980円、6MP(6色大容量セット)は税込1,180円でした。

3,000円以上の購入で送料が無料になります。また、互換インクには1年間の保障がついており、商品に不具合があった場合は全額返金してくれるそうです。法人向けに「月末締めの売掛決済」にも対応しています。

番外編:BCI-351+350のリサイクルインク取り扱い店

エコインク

エコインクは、主にリサイクルインクを販売しているオンラインショップです。リサイクルインクとは、使用済になった純正カートリッジを洗浄して新しいインクを充填した商品のこと。入れ物だけがリサイクルされており、中身のインクは純正の新品です。

2019年11月に公式サイトを確認したところ、キャノン5MP(5色大容量セット)のリサイクルインク販売価格は税込2,515円、6MP(6色大容量セット)のリサイクルインク販売価格は税込2,986円でした。ちなみに、商品を5,000円以上購入すると送料が無料になります。

トラブルが少ないキャノンBCI-351+350の詰め替えインクって?

互換インクは純正品と違って保証がついていないものが多いためトラブルが起こる可能性があります。「インク代を抑えたいけれどトラブルを避けたい」という方は、キャノン保証がついている互換インクか「詰め替えインク」を購入するのがおすすめです。

詰め替えインクは、純正品のインクカートリッジに詰め替え用のインクを補充して使う商品。外側のカートリッジ部分は買い替える必要がないのでコストを抑えられます。また、メーカー保証がついているためトラブルを回避できるでしょう。

詰め替えインクの使用方法

詰め替えインクの使用方法はいたって簡単です。詰め替えインクの使用方法について、順を追ってご紹介します。

  1. 詰め替え用の純正カートリッジを用意する
  2. ホルダーにカートリッジセットする
  3. インク注入時、下からインクがも漏れないようにホルダーのゴムの部分でインクの出口を塞ぐ
  4. 詰め替えインク専用のドリルでインク注入用の穴を開ける
  5. インクボトルを開栓し、インクボトルにノズルを取り付ける
  6. ドリルで開けた「インク注入口」にノズルを入れる
  7. カートリッジ内のスポンジにインクが染みわたるように注入する
  8. インク注入が完了したら、インク注入口にゴム栓でふたをする
  9. ホルダーからカートリッジを取り外し、プリンターにセットする
  10. ヘッドクリーニングをして、綺麗に印刷できれば完了