低価格で高品質な互換インク評価サイト

エプソン・キヤノン・ブラザー他、人気プリンタの互換インク価格調査

安いだけじゃない互換インク大特集

純正インクは安心だけど、値段が高いのが難点。そこで、高品質で低価格な互換インクカートリッジが登場しました。年賀状や写真印刷にオススメな、発色良く色あせしにくい互換インクを取り扱う店を特集。

高品質に進化した!互換インクのススメ

互換インク(汎用インク)とは、メーカー品ではないものの、メーカー品と同じようにプリンタに取り付けて使用できるインクカートリッジのことです。

プリンタメーカーが製造する純正インクと同じように印刷でき、しかも純正品よりはるかに低価格であるため、利用者は年々増加しています。

「でも、安いインクは品質が心配」という方も多いですよね。そんな方のために、このサイトでは純正インクと比較しても遜色ない高品質な互換インクを特集しています。

日焼けなどによる劣化が少ない高品質タイプの互換インクも登場。インクの質が問われる写真印刷にもオススメな、低価格で高クオリティの互換インクを、ぜひお試しください。

互換インクに関する疑問を解決!

互換インクは純正インクと比べて、価格も安く購入しやすいです。それだけではなく、純正インクと大差ないくらいの品質があります。

しかし、実際に使ってみて問題がないか気になる人も多いはずです。互換インクに関する疑問について答えていきます。

互換インクのQ&A

Q.互換インクって何ですか?

A.互換インクはプリンタメーカー以外のメーカーで製造されたインクカートリッジです

プリンタメーカーは違いますが、純正インクとの互換性があるので問題なく使用できます。また、カートリッジ本体や、ICチップなどは全て新品の部品を使用しているので、中古品とは異なります。

それだけではなく、メーカーによっては、ISO(国際標準化機構)認証の工場で製造されているので安心です。

Q.互換インクが原因でプリンタが故障することはありますか?

A.互換インクを使用したからといって必ずプリンタが故障することはないです

互換インクは国産から外国産と様々な種類があり、それぞれ品質が異なります。そのため、互換インクによってはプリンタに合わず、動かない可能性があります。

また、プリンタが互換インクを認識できないなどの原因もあるため、互換インクが原因とは限らないので注意してください。

Q.互換インクと純正インクは併用できますか?

A.問題ありません

純正インクと互換インクの併用や、インクが混合しても通常通りに印刷可能です。

というのも、「こまもの本舗」や「インク革命」では、各プリンタメーカーの純正インクとの併用実験を行いました。その結果、印刷した用紙に問題は起きなかったので、問題なく使用できたようです。

しかし、互換インクメーカー同士の併用は、プリンタのトラブルや故障に繋がるので避けてください。

Q.持っているプリンタが対応表にないですが大丈夫ですか?

A.お手持ちのプリンタが対応表に載っていなければ使用できません

新しいプリンタの場合、純正インクなら既存の品番でも対応することは可能です。ですが、互換インクの同じ品番でも対応できないこともあります。

また、最新のプリンタでは新機能によって、互換インクのICチップを読み込めないこともあり得るので注意してください。

互換インクは純正インクとほとんど変わらず、併用・混合しても問題ありません。

ただし、使い方に気をつけないとプリンタに影響が出る可能性もあるのです。互換インクの使用上の注意をよく読み、正しく使えるようにしましょう。

使用上の注意はこちら>

故障ではない?互換インクとプリンタの相性

常に同じ互換インクのメーカーの、同じ品番を使用しても、プリンタが反応しないことがあります。これは、プリンタと互換インクの相性が合わないことが原因です。

実際に純正インクでも、プリンタによっては相性不良が原因で使えないといったケースが多いです。

なぜ相性といえるのかというと、互換インクを使用できなかったプリンタと同じ品番の製品にセットすると、問題なく使用できることがあったからです。

相性が悪い場合の対応

購入した互換インクとプリンタの相性が悪い場合は、そのインクは使用できないので別の製品と変えましょう。インクメーカーに相談すれば、返品か交換してもらえます。

メーカーによって交換する条件や手順が異なるので、前もって相談して手続きを行ってください。

初めて互換インクを購入した人は、相性のことに気づかずに、故障したと思うことが多いです。前もって、プリンタとの相性があることを知っておくことが必要です。

プリンタとの相性>

トラブルに対処!互換インクによるトラブルを知る

互換インクには高品質の製品もありますが、決してトラブルが起こらないという訳ではありません。

互換インクを使った際に起こるトラブルには、次のようなことがあります。

  • プリンタ本体に互換インクが入らない
  • インクが目詰まりしている
  • プリンタが互換インクを認識できない
  • インクが出ない

このようなトラブルは、初めて互換インクを交換する際に起こりやすいものばかりで、落ち着いて対処すれば問題なく使用できます。

そこで、互換インクで起こるトラブルの例と、それに対する対処法を学んでおくことが重要です。

よくあるトラブルと対処法を知る>

インク交換の時に気をつけるポイント

プリンタによってインクの交換方法は異なるので、説明書の手順通りに交換するようにしてください。

ただ、インク交換の時にいくつか気をつけるポイントがあります。そこで、インク交換の際に、プリンタとカートリッジに関する注意点を紹介するので、初めて交換する人は参考にしてください。

交換用のインクがない時

印刷している最中にインク切れを起こした場合は、印刷を中断してから交換します。

この時に手元に交換するカートリッジがあれば問題ありませんが、手元にない場合もあるでしょう。その場合は、インクの切れたカートリッジは取り外さないようにするのです。

カートリッジを外したままの状態で放置すると、その箇所に付着していたインクが乾燥して固まってしまいます。

それだけではなく、ホコリが入り込んで目詰まりを引き起こし、故障する危険があるので注意してください。もし、手元に交換用のインクがなければ、装着したままにして汚れや乾燥を防ぐことが重要です。

ゴミが出ないよう清潔にする

プリンタ本体の周りに、ゴミやホコリがない状態にしてからインク交換を行います。

その理由としては、プリンタ内部に異物が入り込まないようにするためです。プリンタにゴミが入ると、印刷した書類の表面にボツボツしたものが浮いてしまいます。

プリンタ本体にも、内部のクリーニングを行う機能が搭載してあります。ですが、必要以上に掃除すると消耗が早くなりますし、余分な電気代が発生するのでマイナスな点が多いです。

交換時の電源について

インク交換を行う際は、プリンタの電源は「オフ」にせずにつけたままにしないと、インクの残量が正しく検出されない場合があるのです。

それだけではなく、それによって、インク交換をしても正常に印刷できないこともあるので、必ず「オン」にしてから交換します。また、インクを充填中は、プリンタ本体の電源を切ってはいけません。

なぜなら、充填が完全に行われずに印刷ができなくなる恐れがあります。

インクカートリッジの取扱

互換インクのカートリッジは、真空パックの状態で販売されているので、インク交換を行う直前までは袋から出さないようにします。

その理由として、カートリッジ内に空気が入ってしまうと、インクの変色や固まってしまう可能性が高いです。それでは、交換してもプリンタに不調が起こるので危険です。

カートリッジにはラベルやフィルムが貼ってありますが、交換する際に剥がすフィルムは決まっているので、それ以外は剥がさないようにしてください。

もし、剥がしてしまうと、その箇所からインクが漏れたり、正常にセットできなかったりします。また、カートリッジにある基盤に触ると、それが原因で動作しなくなる恐れがあるのです。

使用済みカートリッジの取扱

使用済みカートリッジは、取り外した際にインク供給部からインクが付着していることが多いです。そのため、手や衣類がインクで汚れてしまう恐れがあります。

そこで、ゴム手袋を着用してからカートリッジを取り外し、すぐにビニール袋に入れるようにして汚れを防ぎましょう。

取り外したカートリッジは、不燃ゴミとして廃棄するか、家電量販店にある回収ボックスへ投函します。

ただし、回収ボックスによっては、各プリンタメーカーの純正インクしか回収していない場合があります。そのため、互換インクの場合は回収していないので廃棄してください。

これらのポイントに注意してインク交換を行えば、トラブルを起こさずにスムーズに作業ができるはずです。

また、互換インクと交換する場合は、更に注意が必要になるので気をつけてください。

プリンタにエラーが出たらヘッドクリーニングで解決!

印刷を行う時は、プリンタ本体の細いノズルからインクが吹き出されて、印刷物に色をつけます。ですが、そのノズル部分に、ゴミが詰まったりインクが乾燥したりして起こるのが目詰まりです。

この目詰まりを解決するために、プリンタ本体にはヘッドクリーニングという機能が搭載されています。このヘッドクリーニングは、内部でインクの空打ちして、ノズル内の異物を流し出すのです。それだけではなく、プリンタにあるゴムのヘラによって、ノズル部分を拭き取ってキレイな状態にします。これらの作業によって、目詰まりをなくし問題なく印刷できるようにします。

プリンタのメーカーによってヘッドクリーニングの方法は異なります。また、ここでは、エプソンのヘッドクリーニングの流れを紹介します。

エプソンのヘッドクリーニング

  1. パソコンから「印刷設定」の画面を開きます。「スタート」ボタン→「デバイスとプリンター」の順にクリックすれば画面が開きます。
  2. プリンタのアイコンを右クリックして「印刷設定」をクリックします。
  3. 「ユーティリティ」タブを選択します。
  4. 「ヘッドクリーニング」ボタンをクリックして、「スタート」をクリックすればクリーニングが開始されます。

メーカーによってパソコンからの操作方法も異なりますし、プリンタ本体を操作してヘッドクリーニングを行うことも可能です。手順通りに行えば、エラー表示は消えて元通り使用できるでしょう。

また、プリンタ本体にエラーが出て、ヘッドクリーニングを行ってもメッセージが消えないこともあります。この場合、目詰まりだけでなく他の原因も関係しています。

そのため、エラーメッセージが起こる原因と、その対策を知って適切な処置を行ってください。

プリンタごとのエラーと対処法>

こまもの本舗

こまもの本舗はインクカートリッジや文具、OAサプライなどを扱っているネットショップです。ここでは、激安の互換インクを扱っていて、純正インクの約半額の価格で購入できます。また、純正インクと同じくらいの鮮明さを実感できるクオリティです。

こまもの本舗では一年間の保証期間があり、不具合があった場合は期間内なら返品・交換を行ってくれます。

こまもの本舗を利用した人の口コミ

  • すぐに届けてもらいました!

    土曜日にインクを注文したので、週明けに届くと思っていました。だけど、その日の内に連絡が届いて即日発送してもらいました。迅速に対応してくれたので嬉しかったです。

  • 価格が安くて嬉しい

    純正インクだと、価格が高くて買うかどうか迷っていました。でも、こまもの本舗のホームページを見ると、高品質の互換インクの価格がかなり安かったので、即購入しました。印刷したものを見ると、純正インクと何ら変わりがなかったです。

こまもの本舗について詳しく>

サンワダイレクト

サンワダイレクトの特徴の一つに、女性の利用者向けの専用サイトを運営しています。プリンタに不慣れな女性のために、インクカートリッジの品番や確認方法、商品の説明も分かりやすく書かれています。

2,000円以上の購入なら、送料無料で利用できるのでまとめ買いしたい人におすすめです。また、購入金額の1%分がポイントとなって、次回の購入の際に1ポイント1円で利用できるんです。

サンワダイレクトの口コミ

  • ポイントを利用できるのは嬉しい

    私はよくサンワダイレクトさんで互換インクを購入しています。それは、送料は無料になるし、ポイントが貯まるからです。毎回多めにインクを購入するので、そのポイントを利用することで、毎回安く購入できます。

  • 間違って注文した私にも丁寧な対応をしてくれた

    前に互換インクの型番を間違えて購入したので、交換依頼をお願いしました。その際に、スタッフから返品票が送付された際に、丁寧に返品票の書き方などを教えてくれたのを覚えています。そしたら、新しい商品もすぐに送ってもらいました。

サンワダイレクトについて詳しく>

インク革命

インク革命の特徴は互換インクの保証だけでなく、プリンタ本体まで保証してくれる「ダブル保証」です。インク革命が取扱を行う互換インクを使用して、それが原因でプリンタ本体が故障した場合に、修理代金化代替プリンタを保証してくれるのです。

価格に関しては純正インクよりは安いですが、他の互換インクのメーカーに比べると少し高いです。ですが、品質が高いのでトラブルや故障が起こることは少ないので、問題なく使用できます。

インク革命の口コミ

  • 質の高いインクだから安心

    インク革命の互換インクを何度も使用していますが、インクが出ないやプリンタが認識できないといった不具合は、今までになかったです。純正インクと併用しても、違和感は全くないのでインク革命でしか買いません。

  • 保証がしっかりしている

    もし互換インクを使って、プリンタに不具合があったらメーカーの無償修理が受けられないので、互換インクの購入をためらっていたんです。でも、インク革命は「ダブル保証」があるので、万が一不具合が起きても、修理費用を保証してくれるので、気にせず互換インクを使うことができます。

インク革命について詳しく>

ホビナビ インクナビ

ホビナビとインクナビは運営会社が同じなので、ここではホビナビで紹介します。ホビナビは福岡にある会社が運営しており、創業して10年以上も経っている有名店です。この会社の特徴は、キャノンやエプソン、ブラザー、HP(ヒューレット・パッカード)といったプリンタの4大メーカーの互換インクを取扱っております。

嬉しい特徴として、キャノン・エプソン・ブラザーのメーカーから、型番で選べるインク福袋というサービスを実施しています。6色セットの製品なら2つ、4色セットなら3つと、12本前後のインクが入っている福袋で、送料無料で2,980円とお得な価格で購入できます。

ホビナビ インクナビの口コミ

  • 注文してからすぐに発送してくれる

    前日の午後に申し込んだら、次の日の午前中に届きました。資料の作成中にインクが切れたので、すぐに対応してくれて何とか間に合いました。

  • 純正インクとの違いがほとんどない

    近くに使用しているプリンタのインクがなかったので、ホビナビの互換インクを注文しました。価格が安くて購入したんですが、互換インクということで少し不安でした。

    でも、前のインクとの違いがなかったのでビックリしました。コッチの方が安いので、今後もホビナビを利用していこうと思います。

ホビナビ インクナビについて詳しく>

お使いのプリンタメーカーから探す

お使いのプリンタメーカーの互換インクの最安価格、さらにインク型番・プリンタ型番から、お探しの互換インクの価格相場を調査しました。

純正インクの価格、互換インクの相場と最安価格については、各リンクから詳細をご覧ください。

エプソン

エプソン

インク型番で探す

プリンタ型番で探す

最安価格がわかる一覧表

キヤノン

キヤノン

インク型番で探す

プリンタ型番で探す

最安価格がわかる一覧表

ブラザー

ブラザー

インク型番で探す

プリンタ型番で探す

最安価格がわかる一覧表

リコー

リコー

インク型番で探す

プリンタ型番で探す

最安価格がわかる一覧表

その他メーカー

DELL、レックスマーク、hp

インク型番で探す

プリンタ型番で探す

最安価格がわかる一覧表

高品質な互換インクカートリッジの選び方

大切な写真や書類の色褪せや色ムラを防ぐためには、「あまりにも激安」「保証なし」の互換インク販売店は避けたほうが無難です。

不安な方は、品質の確かな互換インクを販売している以下のオンラインショップを覗いてみてはいかがでしょうか。

純正で廃版・生産中止となった型番のインクを取り扱っている店や、高精細な写真印刷用超ハイクオリティタイプや、ビジネス用途向けに耐久性の高いタイプなど、用途別に多数の互換インクを揃えている店もあるので、ぜひ利用してみましょう。

まずは、取扱メーカー、送料、支払方法をご確認の上、各リンクから詳細をご覧ください。

互換インク
販売店
インクカートリッジ取扱メーカー 送料
その他
エプソン キヤノン ブラザー リコー hp その他
こまもの本舗 無料・後払い可
サンワダイレクト 有料(※)・後払い不可
インク革命.com 有料(※)・後払い不可
ホビナビ インクナビ 有料(※)・後払い可
オフィネット 有料(※)・法人後払い可
トナプロ 無料・後払い可

※一定金額以上の購入やキャンペーン品の場合は送料無料サービスあり

【このサイトについて】
このサイトは、個人が調査した内容をもとに構成しています。価格・サービスその他は変動する可能性があるため、最新情報は各社公式サイトをご確認ください。(価格・サービスは2014年5月現在のものを掲載)